普通自動車免許

運転免許証は、実はその種類が様々あります。
その種類によって運転できる自動車や二輪車が決められています。
また、平成19年に、道路交通法が改正され、運転免許証の種類も増えています。
ここでは、運転免許証の種類を整理します。

まず一般的なのが、普通自動車免許です。
普通自動車免許には2つあって、普通自動車第一種免許証と普通自動車第二種免許証があります。
普通自動車第一種免許証は、最も一般的な免許証で、限定なしとオートマ限定の2種類があります。
普通自動車第二種免許証は、乗客を載せて報酬を得る場合に必要で、例えば、タクシー、ハイヤー、運転代行業者が該当します。
では、普通自動車とはどのような自動車をいうのでしょうか。
これは、道路交通法により明確に下記のように決められています。

・車両総重量は5000Kg未満であること
・最大積載量は3000Kg未満であること
・乗車定員は10人未満であること
上記を超える車は、普通運転免許証では運転できないということになります。

また、普通運転免許証を取得できる条件としては、満18歳以上であること、視力が両眼で0.7以上、片眼で0.3以上あること、赤・青・黄色の識別ができること、日常会話ができる聴力があることがあります。

さらに、運転操作ができること、安全に必要な知識を持っていることなど運転能力に問題がないことという条件もあり、逆に精神病やアルコール・麻薬中毒にかかっている人は、普通運転免許証を取得できないことになります。



≪推奨サイト≫
普通車や特殊車の運転免許を取得できる合宿免許にかかる料金を調べられます ・・・> 合宿免許 料金

Copyright © 2014 運転免許証の種類 All Rights Reserved.